ピアノマイスターズの1週間 NO.43

こちらは買取りが決まったイースタインピアノ 

それも一番話題性の高いB型

ご縁あって当社で買取り致しました。

イースタインB型


前回のモデルよりも新しく、今後の調整が楽しみなピアノです。


いーすたいんB


こちらは40年前のエレクトーンCK10

音が出ないと言う事で修理依頼を承りました。

しかし、40年前のエレクトーンを修理するのもうち位じゃないかな

何と言ってもこのモデルは私のエレクトーン研修で使ったモデルですから

修理しながら懐かしくなりました。


画像


鍵盤の接点調整をしようと本体を分解してみましたが、

40年分の埃がたまっていて、先ずは内部のお掃除から

兎に角誇りと湿気が故障の原因なので、

丁寧に埃を吸い取って行きます。

画像


その後約3時間かけて修理と調整メンテナンスを行い

何とか音が出る状態まで戻しましたが、

8フィート系の音色でノイズが発生

Eシートの開閉トランジスターの故障なのはわかっているのですが

不良部品を特定する為の「シグナルチェッカー」なる治具が無く

故障個所を特定出来ず

この修理は断念

悔しいー

画像







社長

社長



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

栃木県民
2019年11月26日 19:44
懐かしい!僕の幼稚園にCK-10のエレクトーンが、しかもね2台もありました。僕が卒園の時に、CK-10のエレクトーンを我が家に1つもらって、自宅でヤマハ音楽教室習ってたから、エレクトーン専門コースでの練習用として、使っていました。高校生までそれを使っていました。オートリズムのテンポを最大にして、バランスつまみを左側に回して、長時間大音量でオートリズムを鳴らしていたら、ついに故障してしまいましたがね。
pianoshokunin
2019年11月26日 23:18
ホー、そうでしたか。CK10は私が楽器店に入社した昭和52年(1977年)に正に現行商品として販売していたモデルでした。その時に技術者研修で修理を覚えたのがこのCK10と上級モデルのD30でした。今の私の原点とも言えます。
栃木県民
2019年11月28日 19:54
幼稚園卒園同時に、このエレクトーンだったら、僕もらって自宅で弾いていましたよ。CK-はスピーカーネットの模様はラブリーなハート模様です。エレクトーンは、木面に合わせてデザインを選んでいたという噂を聞いていました。自宅のはスピーカーネットはかゆみが出るような、CK-10はボロボロみたいになってしまっていました。模様は同じハートの模様でした。オートリズムのテンポ最大にして、ボタンいっぺんに押して鳴らし過ぎたら、壊れました。幼稚園の頃はオートリズムのテンポを早くして鳴らしていたら、先生に7「うるさーい!」と怒られた記憶ですよ。