VIRA JAPAN NO78 Hammond Organ B-3& Leslie 122RV

今回入庫したハモンドオルガンB3とレスリー122RVのメンテナンスを開始

先ずは一緒に付いていた周波数変換器をチェック

しかし、こちらはトランジスター異常で使用不可

修理費用と安定性を考えたら使用しない方が良いとの結論に達し

こちらは廃棄処分とします。

画像


ハモンド本体は使用頻度も少なく、程度は良好でしたが

やはり30年間使っていなかったと言う事で

先ずはオイルの補充とトーンホイール各部への注油から開始

画像


B3にオイルが行き届くまで暫くそのままにして、

レスリー122RVの状態をチェックします。

するとホーンは回転しているのにレスリーから音が出ない。

アンプを調べてみると、真空管に空気が入ったようで真っ白

画像


アンプ内部の直付けヒューズもとんでいます。

画像


先ずは音がでないとその先に進めないので

真空管を交換します。

ただ、レスリーの6550の真空管が無いので

フェンダーのアンプの真空管を暫く代用

画像


アンプ内部の直付けヒューズもセラミックタイプに交換

画像


これでまずは音が出ましたので、各部の点検と整備に入ります。

画像


ドローバーと鍵盤接点の接触不良が何か所か有りましたが

アタックやビブラートは問題有りませんでした。

画像


ただ、仕様が60サイクル用でしたので、音程が低く

ちゃんとしたチェックが出来ませんので、

TRECK社製の周波数変換器を装着します。

画像


これで無事に音色チェックが出来るようになりました。


画像


これからすべての鍵盤とドローバーの接点をチェックします。

続く


 VIRAって何?  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
           http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html





社長
社長






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント