VIRA JAPAN 86 ハモンドオルガンB3のメンテナンス VOL1

画像


画像


この度入庫したハモンドオルガンB3と

レスリースピーカー122Rのペア、

製造は1957年~1958年頃の物です。

ハモンドオルガン愛好家の方ですと

B3は1964年以前の物が良いと言われています。

それは本体の強度や素材、作りの良さも一因ですが

一番大きいのは内部の故障の原因となる内部パーツが

1964年製造を境に素材が違って来ている事にあります。

1964年以前のモデルは内部のパーツが劣化しても

それ程影響はないのですが

1964年以後のモデルについては

重篤な故障原因になる可能性が有ります。

そこでマニアの方は1950年代のモデルを

探す方がいらっしゃいます。

まさに今回入荷したモデルはその機種ですが、

しかし製造から60年が経過しておりますので

全体の傷みはかなりのもので、

これからメンテナンスに入ります。


続く

https://vira-japan.at.webry.info/201809/article_2.html


 VIRAって何?

  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html



お問い合わせは

VIRA JAPAN (有)ラッキーパイン

℡0120-045-845までどうぞ


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

イワセカズオ
2020年08月02日 01:02
私はトーンホイールジェネレーターに海老茶色のフィルターキャパシターが使われている後期の B-3の方が良い音だと思います。また低音部のボリュームもありますのでマニュアルベースに向いています。鍵盤の深さも適当です。
B-2から初期型の B-3のキャビネットは確かにしっかりと作られていて堅牢です。
アーバン・ミュージック 岩瀬 和夫