ヤマハCP70・CP80組み立て方法

ヤマハエレクトリックグランドピアノ
CP70・CP80の組み立て方法の画像です。
ご参考下さい。
画像が横向きになって見にくくて済みません。

①梱包は2個になります。長方形が鍵盤ユニット、台形のような形がストリング(弦)です。 ECF2895C-AEC3-4E63-8A07-D3F596E60401.jpeg

②両サイドのストッパーを外して蓋を開けます。
E4745C2A-E023-49B5-A4FD-C74A7B8856CC.jpeg

③蓋には収納スペースが有りその中に脚やペダル等のパーツが入っています。
81E635EF-BBEE-420D-8A63-821C4ED0D088.jpeg

④中に入っている脚、クロス棒、ペダル、ペダル突き上げ棒、電源コードを出します。
6878338A-4512-44EB-9F8B-E6ACBE3F7DAD.jpeg

⑤鍵盤ユニットを立てた状態で脚を取り付けます。
034F7596-9E12-44C4-99BC-32ACD6EBF454.jpeg

⑥脚の台座金具を本体の受け金具にはめ込んで脚を時計回りにねじ込んでいくと固定されます。
690454A3-5962-473A-8F77-50A6EF9161C4.jpeg

⑦脚4本をしっかりと取り付けたらクロス棒を取り付けます。
F5D9A7BB-EF0F-47ED-9640-B392F841B688.jpeg

⑧クロス棒は先に本体側を仮止めしてから脚側をつけるとしっかりと取り付け出来ます。
FE2322D5-CA94-4CFE-BD99-46347FBE6087.jpeg

⑨それぞれの脚の先はフック状になっていますので、脚のギザギザの有るナット部分を緩めてその間にフックを差し込みギザギザのナットを締めこみます。
6EA900D8-54E4-459D-BEE5-91C6A13091E2.jpeg

⑩4本取り付け出来ましたら本体のビスをしっかりと締めます。
C6AB54E0-2413-447C-BE28-62F5E5C9429F.jpeg

⑪脚が取り付いた状態で鍵盤ユニットを持ち上げて起こします。
3B5BD5D9-D897-43B2-B431-899BB062C28F.jpeg

⑫この時床がキズつかないよう注意して下さい。必要であればあてもの等で養生して下さい。
284E59B2-ACDC-4AA7-90A0-FA4FDB7CBC96.jpeg

⑬鍵盤ユニットにはアクションが動かないようにストッパーがついていますのでストッパーを外します。

⑭次にストリングユニットを取り付けます。台形の細い方が下になるように立てます。
4C221960-F881-400D-B5A4-2211170EEBCF.jpeg

⑮蓋のストッパー2か所を外して蓋を取り外します。
02D34A91-9735-4BA9-A74F-919D3033B985.jpeg

⑯ストリングユニットを持ち上げて本体にジョイントします。
1766A70E-3959-4D6B-A629-A5AB4CBA5554.jpeg

⑰ヒンジ3か所で引っ掛けるようになっていますので、注意して取り付けます。
792A095B-D974-4FD9-BA13-1264F63E8D9C.jpeg

⑰ストリングユニットが取り付いたら両側のストッパーで本体とジョイントします。

⑱次にペダルの取り付けですが先ず鍵盤側の脚2本にペダルの固定用チェーンを取り付けます。
D8F0E4C8-B545-4EA6-B5ED-E5C12ADC3309.jpeg

⑲このチェーンはペダルが奥に動かないようにする為の物です。脚のギザギザナットの下にフックを はめ込みますが、本体を持ち上げて浮かした状態でないときつくてはめ込み出来ないと思います。
DEB2CC6D-FD9A-4E69-A412-6E70EA9D9671.jpeg

⑳チェーンの取り付けが出来ましたらペダル突き上げ棒をペダルの穴に差し込みます。
A86A6A4A-116E-49B8-AC3A-0B643B42A25F.jpeg

㉑そのままペダル事奥に移動させたら突き上げ棒を本体に取り付けます。 時計方向にナットを回して固定したらペダルの遊び調整をします。
 方法は突き上げ棒の先のジョイントナット(ギザギザのついた長さ5㎝位のパーツ)を回して ペダルを押して遊びがなくなるまで回します。 ペダルが取り付いた状態で本体を移動すると突き上げ棒を曲げてしまいますので 本体移動の時は必ずペダル突き上げ棒を外して移動してください。
0FD7C8BE-B984-4449-89EA-DAC85717999C.jpeg

㉒本体のセッティングが終わりましたらこのままでも生音は出ますので使用可能ですが、 通常はアンプに繋いで音を増幅します。本体左側の出力コネクターにキャノン又はフォーンプラグをアンプに繋いで下さい。
2EBAF5F9-F8AA-4503-94DA-B3E2F89C2B9B.jpeg

㉓アンプに繋ぐ場合は本体右側のソケットに付属の電源コードを差し込みます。
0C5E29C2-3A5F-4516-94CF-7A3844B7A4ED.jpeg

㉔その後スイッチをONにして頂くと外部出力が可能となります。
D4F0C21C-119E-4DC3-8380-B99EA6A16F0F.jpeg

以上セッティング方法のご説明で分かりにくい事がありましたらメールまたはお電話でお問い合わせ下さい。

メール bzq21747@gmail.com
電話  046-280-4654




 VIRAって何?  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
      http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html


お問い合わせは

VIRA JAPAN (有)ラッキーパイン

℡046-280-4654までどうぞ








ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント