CP80Mメンテナンス 1

こちらはMIDI付きCP80M
メンテナンス開始しました。

16FBFA3D-7032-4000-92DB-3350E9BFEDFA.jpeg
外装はトーレックスの破れがあったり
金属にサビが出たりと
年式相応の傷みでした。
サビはキャリングケースに入れて保管していた
のが原因でしたが
鍵盤を外して棚板やアクションを
点検してみると、
外装とは違い意外に中は綺麗で
使用頻度も少なくビックリでした。
F526F796-BA83-4151-8846-8C42F2BB2D34.jpeg
65502F95-8196-4B90-B703-75564C017453.jpeg
電気関係の動作チェックと
MIDI出力のチェックをして問題無し
その後調律をしながらアクションチェック
不具合とまでは行かないまでも
ダンパーの止音不足や動作不足
微細なノイズの対策処理などなど
細かな作業が続きます。
一通り作業が終わった所で
鍵盤のバフがけをしながら
鍵盤一つ一つを点検して問題なし。
655B4F82-78FD-4F2D-ACC3-C3B54B0DFAC4.jpeg
ダンパースプーンも全て磨き上げます。
4D2E7245-DDED-45E9-B210-8B288A299DA5.jpeg
41FA6D95-3B36-470D-BE99-9DAF93711FF5.jpeg
調整完了した鍵盤を戻して
これからまた外装のメンテナンスに入ります。
74BFB9ED-81D2-4256-8E7E-F2AF17358739.jpeg




 VIRAって何?  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
           http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html


お問い合わせは

VIRA JAPAN (有)ラッキーパイン

℡046-280-4654までどうぞ




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント