Rhodes mk2 音でない 修理

全く音の出ないローズピアノマークⅡ
修理依頼されました。
先ずは在庫のアンプで音出しチェック

888DB9F2-8FAE-4247-A20A-E23A4491D9C1.jpeg
音が出ない鍵盤多数
ノイズ
トレモロ不良
打弦点不良
止音不良
音色不揃い
などなど
思いの外のダメージのオンパレード
次にセットのアンプを見てみると
何故かあるばずの基板が一つ無い
ビックリポン‼️
CB1B6A63-7445-4223-BBA3-A3A2B3736A70.jpeg
とにかく在庫品のアンプから
基板を取り外して移植
何とか音出し出来るようになりました。
そしたらスピーカーが1発とんでるのを発見❗️
93AC3580-E82E-4871-B3B2-EDD2E77E2702.jpeg
基板がなかったのはこれと関係有りそう。
不具合が概ねつかめた所で
いよいよ長〜い修理作業開始
F694E9F0-78EC-4D59-B22F-16AAB76F2695.jpeg
05A54D50-1F6A-476D-ACA3-71E3F1BA6854.jpeg
これまでに消化した修理作業
PUマイクアッセン  30個
電源基板アッセン
Pドライブボ-ド
ビブラ-トフォトカプラ-
オペアンプ 4558DD
キャパシティ ラジアル
パイロットLED
ダンパ-フェルト
KEYバックフェルト
それぞれ交換や修理
やっと正常に発音するまでになりました。

ただビンテージ楽器はこの後何が起こるか分からないので、暫く通電してシーズニングします。




 VIRAって何?  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
           http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html


お問い合わせは

VIRA JAPAN (有)ラッキーパイン

℡046-280-4654までどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント