テーマ:VIRA JAPAN

VIRA JAPAN NO67  ハモンドB3とレスリースピーカーメンテナンス

現在2台のB3とレスりースピーカーの調整中 そのうちの1台は秋田からの修理ご依頼 これが色々とあって手間取っています。 パーツの劣化、改造、不明な配線等々 先ずはやっと入って来たレスリースピーカーのモーターの交換 いざ交換作業と思い、作業開始しましたが ベルトもささくれているし、 本体の配線も難解なのでこちらは改め…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO66  ハモンドB3とレスリースピーカー NO3

ハモンドとレスリーのメンテナンス再開しました。 前回は音が出るまでのチェックをしましたが、 今回はもう少し内部の詳細チェックに入ります。 音出しチェックをして行くうちに レスリーのロータリースピーカーの動作が不安定であるのを発見 早速モーターを外して調べてみました。 するとレスリーの回転スピーカースロー用のモーターが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO65  ハモンドB3とレスリースピーカー NO2 

修理でお預かり中のハモンドB3とレスリースピーカーですが まずは電源が入るかモータースタート すると、凄いモーターノイズ発生 これは各部のオイル切れのようです。 周波数変換の為かモーターも後付けになっていました。 また、そのほかにハモンド純正オイルを使用していなかったようで オイルが固まってしまっているところもあ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO64  ハモンドB3とレスリースピーカーNO1

工房内にハモンドB3とレスリースピーカーが2台ずつあります。 1台は当社買取品、 もう一台はお客様からの修理品です。 この修理品の動作チェックを開始しました。 しばらく使用していなかったようで、中はカビが発生していました。 また、内部も改造してあり、その改造部分の機能を探るのに時間がかかりそうです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO63 ヤマハCP60M完成

昨年末に完成していたはずだった CP60Mですが、 年末ギリギリにアクションの不具合 を発見 そのままでも使えない事は無いのですが、 そこはやはり完璧を目指したい 年末年始、たかにも手伝って貰って 修理完了 ヤマハアップライトにはよくあるフレンジコード切れでしたが、 やはりビンテージ楽器のメンテナンスは 一筋縄で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO62 CP60mの調整

終わるはずの作業が 終わらない 鍵盤調整を行ない MIDIスイッチの調整も完了 これで全ての作業が完了と思ったが もどりが悪い鍵盤が二つ 再度アクションチェック フレンジコード切れ発見 たかちん、年内に仕上げるぞ ビンテージ楽器の事ならVIRA JAPAN ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ http://ramuri…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO61 ヤマハCP80とCP80Mの違い

ヤマハエレクトリック グランドピアノ CP80M さすがにCP80M の存在感は凄いですね!!! そのCP80と80Mが同時期にメンテナンスとなりました。 そこで興味津々、それぞれの違いを検証しました。 まずは鍵盤、皆さんはどちらがどれだかわかりますか? 長いほうがCP80、短い方がCP80Mなんです。 CP80Mのほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO60 コロンビア エレピアン EP880T

アップライトピアノのアクションで言う ジャックが動かない これでは鍵盤のタッチもおかしくなるし 打弦後(弦はないけど)弦に くっついたままになってしまう。 ピアノの場合と対処法が違い これはピアノの技術と 電気技術、それに今回は バイクの修理技術の三つが 上手くコラボレーションしました 特にたかのバイク修理の ノウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO59 コロンビア エレピアンEP880T

コロンビア エレピアン EP880T 40年程前の電子ピアノです これからメンテナンス作業開始 その一発目 本体の分解作業からつまづきました 全ての鍵盤をはずす為に 鍵盤一つに2本のネジが有り これを全部外さなければ 鍵盤は外せない コツコツ頑張ってやって行こう ビンテージ楽器の事ならVIRA JAPAN …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO58 ハモンドコモドールの修理 Vol3

前回の修理でパーツの持ち合わせがなく 改めて鎌倉のブルーグルーヴさんへ お伺いしました。 前回の修理でドローバーの音は 問題なく出る様になりましたが、 アタック音が出ず、 パーツを持参して再度伺いました。 原因はノイズゲート回路のIC 3個が壊れていました。 無事に全ての修理が完了 オーナーさんはいずれは…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO56 ハモンドオルガン コモドール328修理VOL2

ハモンドオルガン コモドール328 リズム音は出るが他は全く出ない まずはスイッチを入れてみると アンプノイズが聞こえる・・・・? アンプは生きている そこで怪しい個所をいくつかチェック 先ずは-28V供給のタルタルコンデンサーを交換 次に、LOGIC P.W.Bのタルタルコンデンサー これらをすべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO54 CP80  修理依頼

CP80の修理をご依頼されました。 遠方からわざわざ弊社にご依頼頂き、有り難く思います。 今回のCP80は外装はそれ程傷みもなく どこが悪いのかなと首をひねる位でした。 しかし本体を組み付けて弾いてみようとしたら あらまあ、鍵盤が動作しない ハンマーもバラバラになっている。 一体全体何が起こっているんだと言った感じでした。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO53 ヤマノ ストップオルガン 修理 Vol 2

こちらは鍵盤裏側のスプリングです。 鍵盤を押すとピットマンと言う棒が このスプリングの取り付いた部品を押し下げ 空気が通りリードが振動して音が出る仕組みです。 昔のオルガンは良く考えられており まさにからくり人形のようです。 このオルガンは一度修理されており、 ビスがプラスネジに変わっていたり 補修あとがあちらこちら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO52 ヤマノ ストップオルガン 修理 Vol 1

ヤマハのストップオルガンは何台も 見たことが有りますが、 ヤマノ製のストップオルガンは珍しく、 私も初めてお目にかかりました。 エンブレムにGINZA. YAMANOと表示 されていましたので、 銀座4丁目にあるあのヤマノさんでしょう。 それも約100年前の製造品です。 修理は内部のお掃除から開始して、 ストップの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO51 CP80スタジオモデル納品完了

本日無事にCP80の納品が完了しました。 今回も2階上げの為、ユニックでの作業となりました。 メールのやり取りだけでこのCP80スタジオモデルをご購入頂きましたので、 出荷前の調整作業は細部に至るまで慎重に行いました。 お客様のお宅には2台のFender Rhodes Pianoが・・・ 1台は完動品で1台はパーツ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO50 CP80M納品

大変お待たせしていました CP80Mの納品が完了致しました。 今回は2階の納品の為、ユニックを使用しての納品となります。 何時になく熱い日で、運送店さんも汗びっしょりになりながら作業してくれました。 ユニックで吊り上げる作業は何回も見ていますが、いつ見ても迫力が有ります。 2階に到着するとホットしますが、これからが本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO49 CP80Mメンテナンス中

CP80Mの調整作業が順調に進んでいます。 アクションと鍵盤外して調整作業に入りますが、もともとこまめにメンテナンスされていたようで、 作業がとても楽でした。 鍵盤下にはmidiスイッチが並んでいますが、こちらもとても状態が良いです。 ダンパーも虫食いや硬化が無く、とても良い状態です。 一連の作業が順調に進み、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN NO47  ヤマノ  オルガン  オーバーホール

100年位前に製造された足踏みオルガンの修理をご依頼されました。 メーカーは「YAMANO(ヤマノ)」 銀座山野楽器製造のオルガンのようです。 昨日たかと客様のお宅に引き取りに行きましたが、 高台にあるお宅へ行くのに50段程の階段があり二人とも汗だくになりました。 そんなオルガンを埃を払いながら動作チェックを行います…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

VIRA JAPAN  N46 CP70動作チェック

CP80のメンテナンスが一段落して次に待っているのはCP70 なんとCP70は部品取り用のジャンクまで含めると現在6台有ります。 こちらのCPは既に予約が入っていますので、早めに調整することに致します。 これまで扱ったCP70の中でも非常に程度の良い逸品です。 これからどんなふうに仕上がるのか楽しみです。 ま…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN  NO45 CP80midi取り付けとフェルトハンマー交換

おい!「たか」お前CP80の面白いコメント書いたな!!! ハンマー交換とMIDIユニットと取り付けは興味深い・・・・ しかし「たか」の後姿はいつ見てもカッコイイ という訳で、「たか」がCP80のハンマー交換とmidiユニット取り付けの情報をいち早くリリースしてくれましたので、補足で幾つかお知らせします。 通常のCPはハン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN  NO44 CP80揃い踏み

CP80 2台を並べてみました。 2台共嫁ぎ先が決まっています。 最後の花嫁修業してます。 ビンテージ楽器の事ならVIRA JAPAN ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 43  CP80 & STUDIO MODEL Vol5

CP80のハンマーの植え替え作業も終わり、今日は整調を行います。 ハンマーを取り付けた後2日ほど寝かせてシーズニングをします。 その後全体の調整作業に入りますが、これも手間暇のかかる作業で 丸1日かけても足らない程なのです。 アクション調整、ハンマーのはしり、弦への当たり具合、打弦位置等の調整、そして下調律と進みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 42  CP80 & STUDIO MODEL Vol4

CP80のハンマー交換2日目に入って大方のハンマーの接着が終わった。 ハンマーヘッドの接着は根気のいる作業である。 接着剤が固まってくるとねじれやよじれが出て来る。 アクションを取り付けて調整作業を行います。 後日、シーズニング後に再度調整作業を行います。 ビンテージ楽器の事ならVIRA JAPAN ↓ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 41 CP80 & STUDIO MODEL Vol3

CP80のハンマーをフェルトハンマーに交換する作業を開始しました、 ハンマーはCP専用の特殊なパーツの為、 ピアノパーツの問屋やメーカーにも有りませんでした。 今回ハンマー交換に当たってはパーツの入手から手配まで 友人の技術者が協力してくれました。 持つべきものは良き仲間ですね。 作業はハンマー1本1本を調整しながら…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 40 CP80 & STUDIO MODEL  Vol2

CP80のMIDI付きモデルを探していらっしゃったお客様に 当初フェルトハンマーのSTUDIO MODELをご購入頂きましたが その後MIDIの出力にばらつきがあることが分かり調整作業を行って来ました。 しかしMIDIスイッチの取り付け位置や反応速度の調整が難しく お納め後に不具合が発生する可能性も有る為 急遽もう一台のC…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 39  2台並んだ CP80 メンテナンス...

midi後付けのCP80Bが2台並びました。 片一方はフェルトハンマー使用の「Studio model」 もう一方は通常のCP80にmidi回路を後付したモデル 「Studio model」のほうはmidiスイッチがゴムスイッチです。 かたや通常モデルのほうはYAMAHA純正?の金属スイッチ 安定度は金属スイッチのほう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VIRA JAPAN 38 CP80 メンテナンス2

後付Midi付きCP80の調整中 当初問題なく動作していると認識していたMidiの鍵盤スイッチがどうもおかしい Midi信号は出ているがどうもベロシティが一律でない 鍵盤ごとにムラがある Midiのスイッチ基盤を分解して調整 鍵盤とアクションが入っているとMidiの基盤側の調整が出来ず、 Midi出力をチェックす…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more