テーマ:社長日記

ニシカワ 11ストップ オルガン オーバーホール 2

ニシカワ オルガンのオーバーホールの続きです。 本体分解して作業開始しましたが、 こちらのオルガンは昭和42年に 一度修理しているようです。 そして先ず出てくるのは接着剥がれ あちこちの接着が劣化していて 触るとポロリ それを一つずつ再接着して行きます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カフェ ブレニー 歌とピアノとお菓子のミニ音楽会

当社でオーバーホールをさせて頂いた シャベスターピアノを使ってのミニ音楽会 こちらは船橋市にあるコーヒーショップ 自家焙煎珈琲カフェ・ブレニーさん 年に数回のミニコンサートを行っています。 こちらのピアノは鎌倉市のご実家にあったもので 引き取った時はダメージが激しく 修理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローランド HP2880 鍵盤落ち修理

ローランド HP2880の鍵盤落ち修理です。 この症状はローランド デジタルピアノに多発するもので 原因はピアノタッチを作る為の鍵盤下ウェイトが 経年劣化してプラスチック部に割れが発生する為です。 今回は鍵盤が2つ落ちていましたが 分解して中を確認すると全ての鍵盤にひびが入っており …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロンビア エレピアン ペダル 修理

コロンビア エレピアン のペダル修理 ダンパーペダルが落っこちて効かない状態 ペダルを取り付けある底板が破損して スプリングが抜け落ちてしまっていました。 破損した底板をカットして ペダルを受ける部分に木材を接着、ビスどめ 欠損している部分は木工パテを充填して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニシカワ 11ストップ オルガン オーバーホール

ニシカワの11ストップ足踏みオルガンの 修理依頼を頂きまさした。 とても立派なオルガンです。 ただとても長い間使われないままだったようで 音の出ない鍵盤がかなりの数有りました。 まずは発音しない鍵盤のリードを抜いて リードの調整をしてみます。 ストップとの関係でリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツインバロム 調律

ツインバロムなる楽器をご存知だろうか チェンバロンとかチンバロンとも呼ばれています。 この楽器はハンガリーを中心として中欧・東欧地域で使われる楽器で 弦をスティック状のバチで叩いて音を出します。 この楽器はハンガリー、ブタペスト製のようです。 修理を終えて調律をするところですが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シュベスターG60メンテナンス

今年の夏は雨が多く湿度が高い日が続いて、ピアノにとってはハードコンディションの連日です。 湿度が高い日が続いくとアクションの動きもしぶくなるので、アクションのメンテナンスを行います。 調律だけでは無く、こうやってメンテナンスする事で、ベストコンディションを保てるようにします。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヴィンテージ オルガン Hammond&Roland 

Hammond B3 & Leslie 22H 先ずはヴィンテージオルガンの定番、最も人気の高いハモンドオルガン B3 スピーカーは勿論ロータリースピーカーのLeslie 22Hです。 こちらのB3とLeslieはこれからメンテナンスを行いますので 今欲しい方は早めにお申し込み頂ければ メンテナンス内容をオーダーメイド出来ます…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクヤマアレキサンダーピアノ 響板割れの接着作業  NO2

作業中だったフクヤマアレキサンダーの修理メンテナンス作業も やっと終盤を迎えられそうです。 アクションと鍵盤、ダンパーの調整と下調律も終わり 最後の仕上げとその後のシーズニングに移ります。 テストブローで暫く音出しをして各部の安定や不具合のチェックを行います。 響板の接着も終わり、 底板の割れ補修も完了しました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鍵盤楽器公正取引協議会 会員店

鍵盤楽器公正取引協議会ってご存知ですか? かつてピアノが次から次へと売れていた時代に 当時(今でも)人気の有ったヤマハピアノを安く買えるような表示をして 集客をしていた販売店が有りました。 当時ヤマハピアノは定価販売を奨励しており なかなか安く買う事が出来ないピアノでした。 そんな人気のヤマハピアノを目玉商品として客引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローズ マーク7 鍵盤修理

今日は六本木のライブハウスでの修理から 都内は道が空いていてスイスイ! 良く考えたら今日は祭日 全く忘れていました。 ここはたかの妹のサクソフォン奏者 マキちゃんがライブコンサートをやる ライブハウスの直ぐ近くです。 またライブが有ったら来たいですね。 この辺はライブハウスが沢山有ります。 そのライブハウスでは有りませんが、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェンダーツインリバーブとJUNO106

まさかの3日間も寝込んでしまった。 この忙しい時に何やってると言われそうだが、めまいが続いている。 お前達はいいなぁと思う。 でも、やっと復帰出来そうだ 先ずはフェンダーツインリバーブの修理から 修理で預かったのと当社備品で 音質テスト 修理品の不具合が見つからない よくある事だけど、 症状が出ないと治しようがない 暫く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクヤマアレキサンダーピアノ 響板割れの接着作業

現在修理でお預りしているフクヤマアレキサンダー 外装のキズ補修並びに塗装修理はほぼ終わり、 接着剥がれの修理を続けています。 特に響板割れが多く有り、ビリツキの原因となるので 細かな作業が続いています。 本来響板割れの修理の場合、弦を外して鉄骨を外し 響板割れの部分に埋め木をしてからニス塗りをし 鉄骨を戻して弦を張り直すと言…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.47

先ずはこちらのシュベスターG60 艶消し塗装のとても状態の良い1台ですが、 早くもご予約を頂きました。 さすがにシュベスターG60は人気があります。 人気が有ると言えばこちらの「ウリ坊」 近所の子供達に大人気のネコになっています。 元は他の家の飼い猫でしたが その飼い主さんが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.46

今週は出荷ラッシュ こちらはシュベスター51号 サイレントユニットの代わりに ナイトーンを取り付けての出荷です。 行き先は北海道! 遠くに行ってもいい音を出してくれよ 次はディアパソンのグランドピアノ ディアパソングランドピアノの梱包風景 脚とペダルを取って 縦に寝かせます。 この状態で布団に包…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.45

こちらのFENDER RHODES PIANO 3ツノブタイプで 希少価値のモデルです。 お客様が来て買って行かれました。 こちらはMARKⅡですが、 こちらのモデルも先日お客様が 見えて買って行かれました。 両方のお客様共当社に来る前に 渋谷のビンテージ楽器店と 東京神田のビンテージ専門店で ローズを試…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.43

こちらは買取りが決まったイースタインピアノ  それも一番話題性の高いB型 ご縁あって当社で買取り致しました。 前回のモデルよりも新しく、今後の調整が楽しみなピアノです。 こちらは40年前のエレクトーンCK10 音が出ないと言う事で修理依頼を承りました。 しかし、40年前のエレクトー…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.42

先ずはこちら コルグデジタルピアノ C660LC 2005年のモデルだけど、作りもしっかりしているし機能も充実している 最近の電気店で売られているデジタルピアノに比べたら 作りに格段の差が有る。 安いのは魅力だけど、暫く使ったら鍵盤がガタガタになって しまいには使えなくなってしまう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.41

今回はハモンドオルガンB3とレスリースピーカー 試弾をしにお客様が千葉県からわざわざお越し下さいました。 そしてこのB3と122の新たなオーナーさんになって貰う事になりました。 B3は奥行74cm、幅130cmの大きさの為 ご自宅に搬入できるかどうかドアの寸法を測ってもらったり 搬入経路を幾つか検討…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.40

現在シュベスターG60のシーズニング中 外装を全塗装して黒からウォルナットに 鍵盤も張り替えてブッシングも交換 その後鍵盤調整とアクション調整を行いました。 中々良い仕上がりですが、 交換部品がなじむまでもう少し時間がかかりそうです。 こちらはハモンドB3&レスリー122 ビンテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.39

今日は71回目の終戦記念日 だからと言う訳では有りませんが 先ずは国会議事堂の画像から 実は先日達人と都内を走っていて 道に迷って訪れたのがここでした。 しかし国会議事堂を真ん前から見たのは初めてでした。 さてさて仕事に戻って今回のピアノはプリマトーン プリマトーンはシュベスターのOEM…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.38

出張の1週間、色々なピアノに触れました。 先ずはKUNIYUKI PIANO E・GRIEG (クニユキピアノ イーグリーグ) 不思議なもので、ピアノが集まる時 同じメーカーのピアノが連続して入庫します。 クニユキピアノはイーグリーグと言う名前のピアノを作っていましたが、 このイーグリーグにもNO8…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.37

先日里親さんに引き取られた仔猫 アルト君と命名されました。 先週1週間はこのアルト君が 中心だったようです この仔猫を保護して誰も引き取り手がなかったら 会社で面倒を見ようと思っていたが、 里親さんが現れ育てて貰えることになりました。 事務所には現在3匹のネコが 生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.36

今年1月19日に初代居候ネコのへんちゃんが亡くなってしまい 皆が寂しがっていたのですが、 今、当社にはネコが大勢います。 正式メンバーのネコが3匹、その他出入り自由なのが2匹、 最近登場している威嚇ネコが1匹 そして新たに加わりそうな新入りがこちら 未だ名前も有りませんが可愛い仔猫です。 たかがアスファルトの上で独りぼ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.35

あっと言う間に赤ちゃんネコから 仔猫になったと思ったら いつの間にか若ネコになっている。 まだまだ、じゃれついて来るが 2ヶ月半でこんなに成長するんだと 改めて感心する。 そんな時間の経過の中でピアノの調整作業が続いている。 そんな中でも修理依頼を受けた楽器はしっかり修理して …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.34

Fender Rhodes 憧れだったローズピアノが沢山ある こんな幸せな状況が今ここにある。 そのRhodes Pianoのメンテナンスにかけては 国内で3本指に入る「達人」の存在も欠かせない。 その「達人」が取り寄せたパーツ コルグ ポリ6の鍵盤 そしてこちらは RO…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.33

事務所を占領される! そこは私の椅子だぞ! 笑ってごまかすな!!! 事務所内を自由自在に闊歩するゾフィーとメビウス兄妹に 毎日翻弄されています。 社長
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.32

先ずは新旧やんちゃネコのご対面 久々に撮れた可愛い写真です。 茶色い大きい方は通称「ウリ坊」 普段からウリ坊、ウリ坊と呼んでいるが 実は別に本名があるんです。 でも「ウリ坊」の方がピンとくる。 ちっこい白い方は「ゾフィー」 ウルトラマン兄弟から拝借しているんだけど 名前が難しくてな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.31

今週はスタインウェイとベヒシュタイン 2台のフルコンからスタートしました。 詳細記事は後ほど 実は今回達人と二人で 関西、中国地方への出張で 兵庫県、岡山県、愛知県と回りました。 先ずは兵庫県西宮市でこちらの楽器の修理 これだけでは分からないでしょうね。 この楽器と言って分かる人は かなりの通でしょう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ピアノマイスターズの1週間 NO.30

今週はまずはこの一点物から こちらはカバーをカーボンファイバーで作った オリジナル カーボン ローズ 世界に1台しか存在しないカーボン製のカバーに 身を包んだRhodes Mark1です。 カーボン加工のエキスパート職人に手作りで作って貰った物 カッコいいですよ さて、続いて今週…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more