ピアノマイスターズの1週間 NO.41

画像


今回はハモンドオルガンB3とレスリースピーカー

試弾をしにお客様が千葉県からわざわざお越し下さいました。

そしてこのB3と122の新たなオーナーさんになって貰う事になりました。

B3は奥行74cm、幅130cmの大きさの為

ご自宅に搬入できるかどうかドアの寸法を測ってもらったり

搬入経路を幾つか検討したりと

通常のオルガンとは違って、細かな注意が必要です。

画像


無事に納まりましたが、このハモンドB3も色々な物語が有りました。

別件で引取依頼のあったお宅に伺うと

そこにはハモンドオルガンばかりでなく

オタクが好きそうな珍しい宝物が山の様に積まれていました。

仕事を忘れてなんだかんだ1時間近くお話しして行く内に

このB3を当社に託したいと言って下さり

今回の流れとなりました。

画像


ハモンドB3の横にはローランドクラシックオルガンが鎮座しておりました。

パイプオルガンの音をサンプリングしているこのオルガンも

B3とは違った良さを感じました。

画像


そして次はこのシュベスターG60

弾いているのは元のオーナーさんです

画像


ご自宅から出せないと言うので

オーナーさんも諦めて廃棄する事になりましたが

廃棄寸前に当社で搬出方法を提案し

何とか一命を取り止めて今回の流れとなりました。

だからこのピアノはとても思い入れが有りました。

このG60と一緒にシュベスターのアップライトと

電気ピアノも一緒に引き取りしました。

画像


最後に倉敷市のひろ先生の紹介で知ったピアノランド

樹原先生とピアニストの小原孝さんが中心となって行われる

ピアノランドフェスティバルに今年も行って来ました。

画像


3年前に初めて伺って、自由で創造的な発想に感動し

それから毎年伺うようになりました・

そして毎年年を追うごとに盛大になって来ています。

今年は新たなチャレンジもあり、

年々進化する姿に期待が大きくなります。

画像


来年も伺いますので

ご一緒に行かれませんか?

宜しかったらお問合せ下さい。

社長

社長



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント