VIRA JAPAN 88 ハモンドオルガンB3のメンテナンス VOL3

鍵盤ユニットを取り外している間に

バスバーのクリーニングを行います。

この作業は鍵盤接点の通電を良くして

接点不良を解消しますので

B3には欠かせないものです。

画像


画像


画像


画像



ビブラートスキャナーも分解してアセトンで洗浄

画像


画像


その後オイル注油用の木綿糸を取り付けます。

元々糸は付いているのですが

経年劣化して無くなっていました。

画像



ビブラートスキャナーのメンテンナンスを終えたら

ペダル鍵盤の調整メンテンナンス

こちらの鍵盤も長い間放置されていた為か

汚れとほこりで大変な状態でした。

全て分解して取り外して作業します。

画像


画像


画像



組み付け時にはペダルの重さを最適にする事と

一定にする為、我が師匠手づくりの

足鍵盤バネゲージを使って調整!

画像


ついでに本体側のペダル鍵盤スイッチのフェルトも

かなり劣化して破れている物も有ったので全て交換

画像


ここでいよいよ外していたコードを全てハンダ付けして

鍵盤ユニットを本体に組み付け

画像


画像


画像


真空管も取り付けて動作チェック

画像


続く

https://vira-japan.at.webry.info/201809/article_5.html


 VIRAって何?  →  Vintage Instruments Restoration Activity
                      ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
           http://ramurinrindori.at.webry.info/201209/article_18.html


お問い合わせは

VIRA JAPAN (有)ラッキーパイン

℡046-280-4654までどうぞ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント